健診代行サービスとはなにか説明します

労働基準法により、労働者には勤め先での健康診断を受ける義務があると定められています。健康診断を受ける時期は勤務先によって様々ですが、一度に多くの人が健康診断を受けるとなると、それにかかる事務手続きがとても大変です。このような場合、健診の代行サービスを利用するととても便利です。健診の代行サービスとは、事業主や共済組合といった雇用者に向けて行う健康診断の各種手続き業務を一括して代行するサービスのことです。具体的には、健康診断の予約や清算、健康診断結果の回収などを雇用者にかわって行います。また、診断結果を分析して、個々への生活習慣へのアドバイスや、再検査の要、不要のコメントなども添えるといった健康増進への対策の一環として社会でも貢献度の高い代行サービス業と言えます。

煩雑な健診の手続きを効率的に対応するには代行サービスがおすすめ

人件費削減に伴う人手不足は、一度に集中する諸手続きには対応しきれないことがあります。一年に一度の健康診断の場合も然り、更に医療事務の範囲も一部カバーしなければならい手続きは本当に大変です。又、一定年齢以上になると人間ドックやがん検診も必要になるのでスケジュールの調整などとても大変です。しかし、健診の代行サービスを依頼することによって、これらの問題を解決することができます。つまり、健康診断手続きの外部委託ということです。健診の代行サービスを行っている会社はたくさんあります。企業の福利厚生業務にあわせて健診の代行サービスを行っているところもあれば、健診を専門に代行サービスとして行っているところもあります。こうした代行サービスは大企業を中心に取り入れが増える傾向にあります。

メリットがたくさんある健診の代行サービスはおすすめです

健康診断における煩雑な事務手続きを効率よく回避するための手段に、健診の代行サービスがあります。事務の業務負担の改善はもちろんのこと、他に、代行サービスの会社が提携している医療機関が多く、受診可能な病院の選択肢が増えますし、健診結果をオンラインで見ることができたりします。又、未受信の社員に健康診断を受けるよう催促するサービスもあります。しかし、メリットばかりではなく、デメリットもあります。外部委託なので、それに伴う費用が発生します。サービス内容を充実させるほど費用に反映することも避けられません。又、個人情報を管理してもらうことになるので、情報漏洩などのリスクも少なからずあります。こうしたデメリットやリスクを踏まえて、その会社が信頼して委託できる代行サービス業かを見極める必要があります。

というご要望にお応えします。 就業上の措置が必要と判断される場合、意見書を作成して面談記録とセットで管理することができます。 健診予約は専用Webサイトから24時間受付可能です! 年間60万人以上の健康管理をサポートする実績を持ちます。 定期健診、特定健診、生活習慣病・がん検診、婦人科健診、人間ドック、巡回健診等の手配が可能です。 疲労蓄積度チェック・ストレスチェックも標準装備しています。 健診は代行サービスを利用しよう|ウェルネス・コミュニケーションズ