健診代行サービスを利用すればこんな利点がある

健診の代行サービスとは、健診の案内から予約受付、手配、健診結果の回収まで、事務的な業務を代わりに行ってくれるサービスのこと指します。では、どのような利点があるのでしょうか。まず企業側にとっては、医療機関との調整と予約、健診結果の入力や労基データの作成といった、事務的な業務が減るという点です。そのため、本来の業務に集中できることや、健診の手続きに必要だった人員の削減につながるという点も利点です。健診を受ける側にも利点があります。代行サービスでは全国の医療機関と提携しているため、受診可能な病院が増えたり、出張健診の手配を行ってくれるため、受診の時間をつくるのが難しかった人でも受診しやすくなる点です。健診の結果をオンラインで確認できたり、健康についての情報を発信するサイトを設けているところもあり、意識を高めることができる点も良いところです。

こんな企業は健診代行サービスがおすすめ

最近よく働き方改革という言葉を耳にすると思います。労働時間の改善など働きやすい環境をつくることが企業側に強く求められるようになりました。深夜に及ぶような残業や頻繁に休日出勤を求めるようでは、魅力を感じる職場環境とはほど遠いといえます。働き方改革による環境改善に取り組む企業が増える中で、とかく残業の削減など労働時間の改善に目がいきがちですが、社員の健康管理は見逃せない業務のひとつです。積極的に働き方改革に取り組む企業の多くが、健康経営を重視しています。これは社員の健康の増進が会社の利益にもつながるという考えのもと、社員の健康管理を経営的な視点からとらえ戦略的に実践することです。そうした企業の健康経営を支援する取り組みが、社員の健診に関わる業務の代行サービスです。

健診代行サービスを活用し、運用負担の軽減を

健康経営を実践するための第一歩は、定期健診の充実を図ることといわれています。定期的に健診を行うことは、病気の早期発見や予防など社員の健康状態を知るのに有効です。とはいえ、定期検診を充実させるということは企業にとっては簡単なことではありません。受診に対して社員の健康意識を高める必要がありますし、実施に当たっては健診を実施する機関や社員とのスケジュール調整などが発生します。さらに受診後は、健診した結果のデータを管理して社員の健康増進に向けて活用することも求められます。人事部や総務部といった部署に担当者を置いて業務を進める企業が多いですが、かなりの手間と時間を要してしまうのが現実のようです。業務の効率化と充実がより求められる中、健診に関する業務の代行サービスを利用し、健診業務の運用負担軽減を図る企業が、大企業ばかりではなく、中小企業でも増えています。